交通事故の弁護士による遺失利益などの損害賠償金算定について

遺失利益は被害者が死亡した、もしくは後遺症を患った
交通事故において、加害者に対して請求される
損害賠償のことです。補助が必要

より詳細にいえば「被害者が交通事故によって
死亡もしくは後遺症を患っていなかった場合、
将来的に得られたであろう利益の額」となります。

式としては
「基礎収入の額×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に
対するライプニッツ係数=遺失利益」
となるのですが、全ての数値が人によって異なるため
状況に応じて計算して求めることが必要です。

割合ただこの部分は現段階では
確定していない利益に関して
賠償を求めるということに
なりますので、非常にもめやすく
交渉が決裂する原因にも
なりやすいため、弁護士が
間に立って交渉を行っていくのが
ベストでしょう。

同じことを主張するのであっても、全く知識のない個人と
交通事故に関して正しい法律知識を持つ弁護士が
主張するのでは話が変わってきます。

遺失利益をめぐっては裁判になることも
あるくらいですから、もしこうした請求をかけるのであれば
必ず弁護士に相談することをお勧めします。