弁護士に相談すると交通事故の過失割合が変わるかも?

交通事故の過失割合は示談交渉で損害賠償として
支払われるお金を決定するために重要な要素です。

損害額は治療費や慰謝料、休業損害や逸失利益などが
考慮されて決められますが、実際に支払われる損害賠償額は
算出された損害額に過失があった割合分が引かれて
支払われます。

例えば損害額が100万円であったとしても、自分に
2割の過失があったとされれば20万円が過失相殺され
80万円が支払われることになります。正確に理解する

ではいったいその割合は誰が
決めるものなのでしょうか。

よく勘違いされている方が
多いのですが、交通事故の
過失割合を決めるのは
警察ではありません。
警察は民事不介入です。
警察は事故現場と状況を確認して記録してくれますが、
どちらにどれだけの過失があったのかは
当事者あるいは当事者の代理人である保険会社が
話し合って決めることになります。置かれた立場

しかし支払額はなるべく少なくしたいのが保険会社ですから、
気をつけないと自分たちに有利なように
決められてしまいかねません。

自分にとって有利に運ぶためには法律的な知識は
不可欠なものです。
交通事故の示談交渉において弁護士に相談することで、
あるいは弁護士に任せることで
より多くの賠償金を得ることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)