弁護士の力で適正な交通事故の過失割合へ

交通事故で知られていないのは、過失割合です。
過失の割合こそ、事故の当事者同士にとって
その後の慰謝料や賠償金の支払い、過失相殺による減額など
大きく影響してきます。

しかし、実際の交通事故では、過失の割合が実に
いい加減とも感じざる得ないほど
あいまいで、不満に思っている
当事者が多いです。必要以上

そのような時は弁護士に相談するのが
一番です。
なぜ、過失の割合がこのように
争いの元になるのでしょうか?

それは、過失の割合は、当事者間の
ことで、事故処理の警察官は、
事故の事実を記録しても過失の割合について
細かく書いたり調べることはなく、
過失の割合を判断しないからです。

なるべく自分でそのために、あとから当事者間の
話し合いの中で決められていくのが
現状で、いわば、当事者同士の
法律の力関係ということに
なりやすいです。

そこで、少しでも、適正な過失割合に
したい場合は、法律的な知識が
必要となってきます。

それらのことが専門的な知識を持った弁護士に
相談することのメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)