弁護士によって交通事故の過失割合は変わるのか?

交通事故に遭遇すると、過失割合について
相手と話し合うことになります。この割合は交通事故が
起こった原因に対する責任を数値で表したものです。

これにより加害者と被害者にどれだけの責任があるのか
明確になります。一般的にはトータルで100%や10割に
なるように調整します。素人

この割合は保険会社が示談の交渉を行う際に
提示してくるパターンが多いです。

そのような慣習があるため、割合を決めるのは
保険会社であると思いい込んでいる人も少なくありません。

移行していくしかし実は、保険会社には割合を決める
権限はないのです。
少なくとも示談を行っている最中は、
保険会社だけでなく、被害者にも
割合の決定に参加する権利があります。

放っておくと、保険会社が過失の無い被害者に
過失を押し付けるケースもあるので注意が必要です。
相談しても、割合に折り合いがつかないこともあります。

その場合は、裁判によって裁判所に割合を
決めてもらうのが一般的です。

裁判を行う場合、早めに弁護士に相談しておいた方が
良いでしょう。感情論ではなく、弁護士の提案する
実情に基づいた理論で主張した方が良いからです。

主張が認められれば、保険会社が提示した割合を変更できます。