交通事故の民事訴訟は弁護士に依頼を

少しでも運悪く交通事故の被害者となってしまうと、加害者に対して
損害賠償金の請求を行います。

交通事故の示談交渉は、通常当事者が直接行うのではなく
被害者と加害者が契約している保険会社との間で
行われることになります。

示談交渉では慰謝料や治療費などの金額の交渉や
過失割合についての交渉などが行われますが、
保険会社は低い相場で損害賠償金を算出してきますし
被害者側に少しでも過失があると、事実以上の
過失を認めさせようとします。

とにかく加害者側の保険会社からしてみれば、損害賠償金を
なるべく自賠責保険でカバーできる金額に抑えたいと
いう考えがあるのです。

後遺障害の等級認定や過失割合などで揉めてしまう場合には
示談交渉が不調に終わります。見落とした

交通事故紛争処理センターへの和解斡旋という手段も
あるのですが、ここに持ち込んだ場合でも
交渉が不調に終わると、保険会社側は民事訴訟に
移行しようとします。

万が一、民事訴訟に移行した場合には、なるべく
専門家である弁護士に依頼したほうがよいでしょう。

相手となる保険会社は必ず弁護士を代理人に立ててきます。

訴訟となると専門的な知識が必要となり、素人では
対応しきれません。相手の弁護士に対抗するためにも、
被害者側も交通事故を専門とする弁護士に
依頼するべきなのです。

もちろん、弁護士費用が必要となりますが、加入している
自動車保険(任意保険)に弁護士費用特約が
付随しているのであれば、それを使用することも可能です。