弁護士の力で適正な交通事故の過失割合へ

交通事故で知られていないのは、過失割合です。
過失の割合こそ、事故の当事者同士にとって
その後の慰謝料や賠償金の支払い、過失相殺による減額など
大きく影響してきます。

しかし、実際の交通事故では、過失の割合が実に
いい加減とも感じざる得ないほど
あいまいで、不満に思っている
当事者が多いです。必要以上

そのような時は弁護士に相談するのが
一番です。
なぜ、過失の割合がこのように
争いの元になるのでしょうか?

それは、過失の割合は、当事者間の
ことで、事故処理の警察官は、
事故の事実を記録しても過失の割合について
細かく書いたり調べることはなく、
過失の割合を判断しないからです。

なるべく自分でそのために、あとから当事者間の
話し合いの中で決められていくのが
現状で、いわば、当事者同士の
法律の力関係ということに
なりやすいです。

そこで、少しでも、適正な過失割合に
したい場合は、法律的な知識が
必要となってきます。

それらのことが専門的な知識を持った弁護士に
相談することのメリットです。

弁護士によって交通事故の過失割合は変わるのか?

交通事故に遭遇すると、過失割合について
相手と話し合うことになります。この割合は交通事故が
起こった原因に対する責任を数値で表したものです。

これにより加害者と被害者にどれだけの責任があるのか
明確になります。一般的にはトータルで100%や10割に
なるように調整します。素人

この割合は保険会社が示談の交渉を行う際に
提示してくるパターンが多いです。

そのような慣習があるため、割合を決めるのは
保険会社であると思いい込んでいる人も少なくありません。

移行していくしかし実は、保険会社には割合を決める
権限はないのです。
少なくとも示談を行っている最中は、
保険会社だけでなく、被害者にも
割合の決定に参加する権利があります。

放っておくと、保険会社が過失の無い被害者に
過失を押し付けるケースもあるので注意が必要です。
相談しても、割合に折り合いがつかないこともあります。

その場合は、裁判によって裁判所に割合を
決めてもらうのが一般的です。

裁判を行う場合、早めに弁護士に相談しておいた方が
良いでしょう。感情論ではなく、弁護士の提案する
実情に基づいた理論で主張した方が良いからです。

主張が認められれば、保険会社が提示した割合を変更できます。

弁護士に相談すると交通事故の過失割合が変わるかも?

交通事故の過失割合は示談交渉で損害賠償として
支払われるお金を決定するために重要な要素です。

損害額は治療費や慰謝料、休業損害や逸失利益などが
考慮されて決められますが、実際に支払われる損害賠償額は
算出された損害額に過失があった割合分が引かれて
支払われます。

例えば損害額が100万円であったとしても、自分に
2割の過失があったとされれば20万円が過失相殺され
80万円が支払われることになります。正確に理解する

ではいったいその割合は誰が
決めるものなのでしょうか。

よく勘違いされている方が
多いのですが、交通事故の
過失割合を決めるのは
警察ではありません。
警察は民事不介入です。
警察は事故現場と状況を確認して記録してくれますが、
どちらにどれだけの過失があったのかは
当事者あるいは当事者の代理人である保険会社が
話し合って決めることになります。置かれた立場

しかし支払額はなるべく少なくしたいのが保険会社ですから、
気をつけないと自分たちに有利なように
決められてしまいかねません。

自分にとって有利に運ぶためには法律的な知識は
不可欠なものです。
交通事故の示談交渉において弁護士に相談することで、
あるいは弁護士に任せることで
より多くの賠償金を得ることも可能です。